【カナバニン含有のお茶】なたまめ茶で鼻炎を止める!

【カナバニン含有のお茶】なたまめ茶で鼻炎を止める!
本気で鼻炎を何とかしたいならこの緑茶!
15日間の返金保証があるからまずはお試しから。
▼詳細は画像をクリック!公式サイトへ▼


【カナバニン含有のお茶】なたまめ茶で鼻炎を止める!

くしゃみ、鼻水、鼻詰まりの症状が特徴的なアレルギー性鼻炎は、薬で症状を抑えることは可能ですが、一時的なものですし、頭がボーッとしたり、喉が渇いたりなど、日常生活に少なからず支障が起こります。

 

あくまでも民間療法ですが、なたまめ茶を飲むことで、体質改善をして、症状を軽減することができます。

 

このお茶の有効成分のひとつはカナバニンで、鼻炎によって発症している炎症を抑えて膿を出す働きがあります。

 

もうひとつ、コンカナバリンAという成分が含まれているのですが、免疫力を強化する効果があるのでアレルゲンの侵入や活動を抑制して、アレルギーによる鼻炎の症状を抑えるのに役立ちます。

 

 

 

なたまめ茶の副作用や安全性

お茶で気になる成分にカフェインがあります。

 

特に、妊娠中の場合には胎児に影響が出ることがありますし、幼児には刺激が強すぎます。
また、健康な人でも、過剰のカフェインの摂取は肝臓に負担がかかります。

 

この点、なたまめ茶はカフェインレスですし、副作用の報告も上がっていないので、老若男女が安心して飲めるお茶といえます。

 

薬の効果を阻害する成分は入っていませんが、処方箋を飲んでいるは場合には、念の為に担当医もしくは薬局で相談をすると安心です。

 

 

 

なたまめ茶の効果的な飲み方

アレルギー性鼻炎は、何らかのアレルゲンが原因となって、鼻づまりや鼻水といった症状を、日常的に発症させています。

 

なたまめ茶に含まれる成分は、それらの症状を緩和させる効果を持っていますが、我慢できないほど辛い時に飲むというよりは、継続して有効成分を摂取したほうが効果を感じやすいです。

 

花粉症のように一定のシーズンのみ発症する場合には、シーズンの数週間前から飲み始めると効果を実感できます。

 

飲むタイミングや量に制限はありませんので、食事時や喉が渇いた時に利用して問題はありません。

 

 

なたまめ茶の作り方は簡単です。

 

製品のパッケージに書いてある利用法に従えばよいのですが、急須に分量のお茶をいれ、熱湯を注いで数分蒸らせば、有効成分が含まれたお茶になります。

 

さらに、濃厚な有効成分を得るには、ティーポットややかんで10分前後煮出すと良いでしょう。

 

 

 

なたまめ茶の賢い選び方

なたまめ茶に利用している原材料は、「赤豆」と「白豆」の2種類が一般的です。

 

どちらも配合成分に大差はありませんが、赤豆から作られたお茶のほうがポリフェノールの配合量が高いです。

 

製品には、国内栽培の原材料を使用したものと、輸入の原材料を用いて国内で製造したもの、輸入品、などがあります。

 

安心して飲み続けるためには、オーガニックであること、体に負担がかかる保存料などの添加物を使用していないこと、を確認するとよいでしょう。

 

 

 

以上、「【カナバニン含有のお茶】なたまめ茶で鼻炎を止める!」をご紹介しました。

 

他にも「【デカノイルアセトアルデヒドのお茶】どくだみで鼻炎を止める!」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【スッキリ止める】鼻炎に効く実力の高いお茶7選!


関連ページ

甜茶
鼻炎を止める効果的なお茶、甜茶のGODについて掲載しています。
べにふうき
鼻炎を止める効果的なお茶、べにふうきのメチル化カテキンについて掲載しています。
緑茶
鼻炎を止める効果的なお茶、緑茶のエピガロカテキンについて掲載しています。
ルイボスティー
鼻炎を止める効果的なお茶、ルイボスティーのSODについて掲載しています。
どくだみ茶
鼻炎を止める効果的なお茶、どくだみのデカノイルアセトアルデヒドについて掲載しています。
ハーブティー
鼻炎を止める効果的なお茶、ハーブティー「ユーカリ」のポリフェノールについて掲載しています。